« 女の幸せとは何だろう? | トップページ | 429.絶景です カフェ (マーレライ) »

仲居さん? 時代劇?

娘が夏祭りにゆかたを着て行きたい、と言い出しました。

去年、姑が買ってくれたのですが着る機会を逃していたので、
私もその言葉にわくわく。一度着る練習をしようということに。
幼い頃、母親が着付けてくれたのを思い出しながら、
こんな感じかな〜とやってみました。
Img_9847
帯ももうリボン型になっているので、簡単なもんです。
よし、コレで!! と思ったのですが、よく考えたら、その日私は休日出勤。
あれ? 男の人でも着せれるものだろうか・・・?
娘と相談して、パパに着せてもらって、できなかったら普段着で行く
そういう話で落ち着きました。
私が仕事を終えて帰って来ると、ゆかたと帯が無くなっていたので、
無事にゆかたを着れたんだな〜とほっと一安心。
でも、ふと見ると!!
Img_9871
なぜか、コレが残っています!
えぇぇ?! 付けるの難しくてできなかったの?! コレ無しで行ったの?!
もう、びっくりです。 帰ってきた娘に尋ねると、
「あ、あぁ、それ? 忘れてた」 と、平気な様子。
そんなことより、いかにお祭りが楽しかったかを喜々として話してくれました。
いや、いいんですよ、楽しければ。でも・・・ おかしな格好だよ、それ・・・。

|

« 女の幸せとは何だろう? | トップページ | 429.絶景です カフェ (マーレライ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女の幸せとは何だろう? | トップページ | 429.絶景です カフェ (マーレライ) »