« 多くの人に支えられ | トップページ | 広くなりました »

否定ばっかりしていたら 失敗しない

感動した、感激した、感謝の気持ちでいっぱい

そう昨日の記事には書いたのですが・・・
私のココロの中には、気になることがありまして。
娘が友達と卒業式の後、商業施設へ遊びに行くというのです。
今まで学校のきまり通り、子どもたちだけで遊びに行く範囲は守らせてきました。
みんな行ってる、そんなの守ってない、どうせママはあかん・・・
色々と言われても、きまりはきまりやから守らないとダメだとか、
なぜそういうきまりになっているのかを、こんこんと言い聞かせてきました。
そして、いよいよ卒業だということで、お友達と約束をしてきました。
まぁ、いいか? 卒業旅行みたいなもんか?
お小遣いをちょっと持たせてやろう、冒険させてみよう、
一緒に行くメンバーなら何かあっても対応できる、かな?
そう思っていたのですが!!
卒業式前日、娘から、私が思っていた金額の倍以上の金額を
提示されました。
友達と金額を合わせているというではありませんか!!
そんな大金、渡すなんてあり得ない!
え? 今時の小学生はそんなもんなの?!
遊びに行かせることだけでも、私にとったらすごい決心なのに?!
私の感覚がおかしいのか? パパと相談する、と一旦保留に。
そして、オットに言ったら、ええんちゃう? と。
え、えぇ?! 私と一緒になって、あかんって言ってくれないの?!
そんなオットの姿勢にも、娘の当たり前かのような要求にも
すごいもやもやがつのります。
そんな時は、同じ子育てママさんに相談だ! と、すぐさま連絡。
すると、私と同じように、心配、高額すぎる、行かせるのも心配
そんな声が続々。 やろ、やろ?! やっぱりおかしいやろ?!
と思ったけれど、オットは子どもの計画したことを最初から否定していたら、
成長できやん、経験できやん、失敗から学べやん、と。
無駄遣いするなよ、と言って提示金額を渡したらいいと・・・
なんだか、私が納得できないので、オットから娘にそう言ってもらうことに。
私が言うと、怒ってしまったり、本当はイヤなんやで、とか
余計なことを言ってしまいそうだったから。
もやもやと思い続けて、あっという間に卒業式当日の朝となりました。
セットに来てくれた友人は、同じ歳の娘さんを育てるママ仲間。
いかに心配か、どこのお家も一緒やで、こんな時は気をつけて、
といっぱい、私の気持ちを代弁してくれました。
とりあえず、娘を送り出し、卒業式に感動し・・・
そして、式後に友達を写真を撮るのを待って、さぁ、そろそろ帰ろうか、
そう思ったとき、娘が「間に合わないから、走って帰る」と。
えぇ?! 今まで写真を撮る間、退屈する息子をなだめながら待っていて、
当たり前のように走れと?  私、ヒール履いてるけど?!
なんなのさ、と卒業式の感動も吹き飛びました。
そして、結局、オットと娘は先に帰り、私と息子と並んで帰宅。
卒業の日の家族写真を、そう思ったのに、娘もオットも着替え済み。
はぁ、もうええわ・・・
前日の残り物をかきこむように食べ、娘は出発。
途中、途中で連絡を入れるようには言ってあるので、きっと大丈夫。
そうは思っていても、やっぱり心配で・・・
到着したよという連絡は、かなり盛り上がっている様子。
浮かれすぎてないか? と思ったけれど、そりゃ嬉しいわな、と思ったり。
Img_5141
帰る時刻が当初計画より、大幅に遅くなりましたが、無事に帰宅。
Img_5112
買ったもののレシートを出しながら、
Img_5104
みんなでお揃いで買ったんですって。大興奮で話してくれました。
Img_5110
女子話に加わりたい様子のきなこちゃん。おしゃれに興味、ありますか〜。
さて、留守番をしていた息子にも楽しみを、とお祝いのお寿司屋さんへ〜。
Img_5125
平日だからか、ほっとんどお寿司が回っていません。空ケースばかり・・・
回転寿しの醍醐味がぁ・・・ 仕方が無いので
Img_5120
子どもたちも慣れたもんです。注文、注文。
Img_5127
この白魚と桜えびのかき揚げが美味しくて、頼んでよかった〜。
もちろん、これも流れては来ず、タッチパネル〜。
Img_5130
甘物もいただきました。
こうして、卒業式という大きな節目の一日を無事に終えました。

|

« 多くの人に支えられ | トップページ | 広くなりました »